<子どもの精神保健研究会>2017年8月26日

子どもの悩みに寄り添うカウンセリング
 ~強迫性障害・パーソナリティ障害~

◆期 日/2017年8月26日(日)10:00~16:00

◆講 師/富田富士也(子ども家庭教育フォーラム代表)

◆会 場/ 子ども家庭教育フォーラム

◆参加費/ 10,800円

*「還る家通信」未読者は別途通信代1,000円が必要です。

◆テキスト/
富田富士也著「『いい子』を悩ます強迫性・パーソナリティ『障害』全対応版Q&A』(ハート出版)別売

お申込み・お問合せは下記、子ども家庭教育フォーラム相談室まで

TEL047-394-6000 FAX047-394-6010

「『強迫性障害』の人が訴えることは…」

面接・カウンセリング「ちょっと聞きたいQ&A」②

富田富士也(子ども家庭教育フォーラム代表)

◆強迫性障害について

Q.相談に訪れる「強迫性障害」の人が訴えることはどんなことですか。

A.「こだわり」「自分でもふしぎな行動」をとる。そのことで親を初めとしてまわりの人に負担をかけている。

Q.「強迫性障害」に対するカウンセリングはどのようにしていますか。

A.強迫観念を「溶かす」ためにパーソナリティ(人格)の変化に期待しています。

*面接・カウンセリングを希望される方は子ども家庭教育フォーラム・事務局までお申込み下さい。TEL:047-394-6000

 

カウンセリング レクチュア&ミニワーク IN 高知

疲れた心が少しラクになるコツと智恵を身につける IN 高知

◆講 師 / 富田富士也(子ども家庭教育フォーラム代表)

◆日 時 / 2017年7月29日(土) 12:30~16:30

◆会 場 / 高知市青少年センター(アスパルこうち)4F

◆参加費 / 5,400円

(『還る家通信』未読者はこの機会にお申込み下さい。)

◆定 員 / 20名(先着順)

◆お申し込み・お問合せ/子ども家庭教育フォーラム

TEL:047-394-6000 FAX:047-394-6010

2017高知WS&人権講演会