富田富士也(子ども家庭教育フォーラム・代表)

子ども家庭教育フォーラム・代表
コミュニケーションワーカー/
教育・心理カウンセラー

・日本外来精神医療学会常任理事
・日本精神衛生学会理事
・日本「祈りと救いとこころ」学会理事
・NPO法人・保育ネットワーク・ミルク顧問

1954年、静岡県御前崎市出身。総合労働研究所に勤務しながら、教育相談ボランティアとして10年間活動。その後、相談活動を“生業”にし、民間の青少年相談援助機関を開設する。千葉明徳短大幼児教育学科客員教授、千葉大学教育学部非常勤講師を経て現在は幼児教育から青年期までのカウンセリングを中心として、相談員、教育・福祉臨床をめざす人たちの育成にたずさわっている。社会人に向けての「傾聴・カウンセリング」のセミナー、ワークショップも随時開催している。

若者たちの人間関係づくりをネーミングした「引きこもり」は社会的な反響を呼び続けている。さらに自己肯定感を語りこむ「還る家」「せめぎあって、折り合って、お互いさま」の心は老若男女に世代を越えて共感の輪を広げている。そして、カウンセリングの“専門性”を高めることよりも日常・生活化をすすめる「コミュニケーションワーク」の普及につとめ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等で様々に紹介されている。

また「カタルシス(浄化)カウンセリング」の取得を目的とした参加型のワークショップ研修も各地で開催され、学びの輪を広げている。さらに講演の特徴としては園児から高齢者まで分け隔てなく足を運んでも一緒に味わえるよう努力している。