「…『心の傷』はどのように『治癒』されていくのですか」」

面接・カウンセリング「ちょっと聞きたいQ&A」④

富田富士也(子ども家庭教育フォーラム代表)

◆不登校・就職拒否について

Q.学校や職場がなければこの悩みは出てきませんか。

A.枠がなければ「枠から外れる」ということもありません。「学校」がなければ不登校は出ません。ただし人とどのようにしてつながっていくのかという人生の課題は残ります。

◆虐待・トラウマ・PTSDについて

Q.身近な人から受けた「心の傷」はどのように「治癒」されていくのですか。

A.人間関係は見限ることができない限り、生涯のお付き合いです。人間関係で傷ついた心は人間関係で癒すことです。そのためにもいったん関係に“休憩”をとる「日にち薬」の生活を築いていきたいものです。

◆精神的混乱について

Q.悩みのほとんどは人間関係とうかがいました。すると生きている限り悩みは尽きないのですね。

A.関係が悩みをつくり、また癒しもします。「症状には意味がある」という心で絡まった心の糸をほぐしていくのがカウンセリングです。

*面接・カウンセリングを希望される方は子ども家庭教育フォーラム・事務局までお申込み下さい。TEL:047-394-6000